スマートニュース、元ロクシタン代表の西口一希が マーケティング担当執行役員に就任


ーー同時に、Fabien-Pierre Nicolasが米国マーケティング担当に就任ーー

スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 健/浜本 階生、以下「当社」)は本日、元ロクシタンジャポン株式会社代表取締役の西口一希(にしぐち かずき)が、シニア・ヴァイス・プレジデント/執行役員 マーケティング担当に就任したことをお知らせいたします。西口は、SmartNews事業における日本と米国のマーケティングを所管します。

西口はプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)株式会社のマーケティングディレクターとして、『パンパース』『パンテーン(PANTENE)』『ヴィダルサスーン』などのブランドマネジメントを担当し、日本初のECRプログラム(efficient consumer response:メーカー・卸・小売全体で情報共有して物流を効率化するプログラム)を導入しました。その後、ロート製薬株式会社 執行役員 マーケティング本部長として、『肌ラボ』『OXY』『オバジ』など40以上のブランドマーケティングを担当、2015年4月よりロクシタンジャポン株式会社代表取締役社長を務めました。

西口は今後、こうした経験で培った幅広い知識とマネジメントスキルを通じ、当社アプリ「SmartNews」のマーケティングを責任者として牽引すると同時に、グローバルな組織作りに手腕を発揮してまいります。

同時に、元App Annie マーケティングおよびコミュニケーション担当ヴァイスプレジデントのFabien-Pierre Nicolas(ファビアン-ピエール ニコラス、以下「ファビアン」)が、米国マーケティング担当に就任いたしました。ファビアンはこれまで培ってきたアプリ市場における知見を生かし、米国市場におけるSmartNewsのマーケティングを推進していきます。

■ 西口一希の略歴
1990年大阪大学経済学部卒業後、P&Gジャパン マーケティング本部に入社。
ブランドマネージャー、マーケティングディレクターとして、『パンパース』『パンテーン(PANTENE)』『ヴィダルサスーン』『ヴィックス』『プリングルズ』などのブランドマネジメント担当。日本初のECRプログラム導入のマーケティング担当、日本と韓国においてショッパーマーケティング部門を創設。2006年にロート製薬に入社、執行役員マーケティング副本部長を経て本部長として、『肌ラボ』『OXY』『オバジ』『50の恵』『デ・オウ』『メンソレータム』ブランドのリップクリームと日焼け止め、ロート目薬ブランドなど40以上のブランドマーケティングを推進。
2015年4月よりロクシタンジャポン 代表取締役社長として従事。
2017年5月に当社入社。

■ ファビアン-ピエール ニコラスの略歴
Grenoble Ecole de ManagementにてMBAを取得。ゲームソフトのUbisoftやPerfect World、米DeNAにてマーケティングディレクターを歴任した後、2014年にアプリ市場データ/分析ツールのApp Annieにモバイルマーケティング担当 シニアディレクターとして入社。2015年4月にはマーケティングおよびコミュニケーション担当ヴァイスプレジデントとして部門を拡大し、PRやイベントなどを含む同社のグローバルマーケティングにおいてROI向上モデルを確立。専門はマーケティング・クリエイティブ組織の形成、デジタルマーケティング、オンライン広告で、App Annieのビジネス拡大に大きく貢献する。
2017年5月に当社入社。

■ 本件に関するお問い合わせ先
スマートニュース株式会社 広報担当 pr_jp@smartnews.com