スマートニュース「SmartNews Compass 2014」を開催、モバイルニュース広告事業の開始を発表


〜日米で月間400万アクティブユーザーを突破し、モバイルニュース広告事業を開始
日本最大級のネイティブ広告ネットワークに全国紙等6つの大手メディアが参画
インターナショナル版の開発及び非営利団体への広告枠無償提供も同時に発表〜

2014年12月1日

スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 健/浜本 階生、以下「当社」)は、初の事業戦略発表イベントとなる「SmartNews Compass 2014」を開催しましたことをお知らせいたします。本日新たに発表した内容は以下のとおりです。

1.    日米合わせ月間アクティブユーザー数400万突破。米国App StoreとGoogle Playニュース部門で1位獲得

2.    モバイルニュース広告事業開始、国内3大SNS/全国紙等が国内最大級のネイティブ広告ネットワークに参画。チャンネルプラス運営メディアに対する更なる収益還元プログラムも同時に開始

Ad_logo_all

3.    米国版に続き、SmartNews インターナショナル版の提供を決定

4.    「SmartNews Public」というコンセプトを掲げ、日本政府チャンネルや地震情報に続き、「SmartNews Nonprofit Program」を開始。非営利団体に広告枠の一部を無償提供

5.    EXILE TRIBE、箱根駅伝、東京マラソン等の新コンテンツを提供開始

弊社共同CEO 鈴木・浜本のコメント
「スマートニュースは、現在をメディア大航海時代だと捉えています。大きな変化のうねりの中で、まだ誰も新大陸のありかを見い出すにはいたっていません。私たちスマートニュースは、世界レベルの技術力を有するテクノロジーカンパニーであることを目指すとともに、様々なパートナーとの強固な協力関係を構築しながら、新時代のメディア、ジャーナリズム、モバイルニュース広告の姿を探求していきたいと考えています。」

1.日米合わせ月間アクティブユーザー数400万突破。米国App StoreとPlay Store ニュース部門で1位獲得

●    日間アクティブユーザー数(DAU:Daily Active User):200万以上
●    月間アクティブユーザー数(MAU:Monthly Active User):400万以上
●    総利用時間、1人あたり月間利用時間ともに総合ニュースアプリで1位(日本)
*DAU/MAUは社内データ。それ以外はNilsen Mobile NetView 2014年10月 スマートフォンでのアプリ利用状況ランキング Nielsen規定「総合ニュース」カテゴリ。1人あたり月間利用時間:2:53:48、総利用時間:670,690,000分。

●    米App Storeニュース部門 1位(10月4日時点 ほか)
●    米Google Play Storeニュース部門 1位(11月10日時点 ほか)

2014年10月に開始した米国版SmartNewsでは提供開始から2ヶ月で、USA TODAY、Reuter(ロイター/Thomson Reuter)、米国三大ネットワークのひとつであるNBC(National Broadcasting Company)等と提携しました。2014年12月1日現在、計21のチャンネルプラスを開設しています。

2.モバイルニュース広告事業開始、国内3大SNS/全国紙等が国内最大級のネイティブ広告ネットワークに参画。チャンネルプラス運営メディアに対する更なる収益還元プログラムも同時に開始

※詳細は別紙プレスリリースをご参照ください

3.米国版に続き、SmartNews インターナショナル版の提供を決定

2014年10月にリリースした米国版に続き、世界中の英語話者を対象としたインターナショナル版の開発が決定しました。全世界のApp Store及びGoogle Play Storeで提供を予定しています。これにより、世界で10億人を超える英語話者に対してSmartNewsを提供することが可能になります。
また、米国版と同様に、各国に最適化したエディションも順次開発を進める予定です。各国メディアとの連携や海外での人材採用等も含め、今後も積極的に海外展開を進めてまいります。

4.「SmartNews Public」というコンセプトを掲げ、日本政府チャンネルや地震情報に続き、「SmartNews Nonprofit Program」を開始。非営利団体に広告枠の一部を無償提供

「SmartNews Public」というコンセプトのもと、SmartNewsを通じて公共性の高い情報の提供や社会的な活動を支援する総合的な取り組みを2014年11月より開始しました。「日本政府チャンネル」は開設後わずか1週間で10万人以上のユーザーに登録いただき、日本気象協会の協力のもと「地震情報」の提供も開始いたしました。
これらに加えて、本日「SmartNews Nonprofit Program」の提供を決定いたしました。本日開始する「SmartNews Standard Ads」の広告枠の一部を、非営利団体に無償で提供するプログラムです。本プログラムのパートナーとして、Change.org、gooddo、greenz.jp、Peatix、READYFOR、SERVICE GRANT JAPANに参画いただくことで、非営利団体は自社サイトだけでなく、これらのサービスを利用してランディングページを作成することができます。認定NPO法人カタリバ、認定NPO法人フローレンスの協力を得て広告のテスト配信を実施し、すでに高い効果につながっています。
正式リリースは2015年を予定しています。スマートニュースは、本プログラムを通じて非営利セクターの活性化と様々な社会課題の認知向上に取り組んでまいります。

認定NPOカタリバ (greenz.jp協力)

katariba_ad

認定NPOフローレンス

florence

5.EXILE TRIBE、箱根駅伝、東京マラソンなどの新コンテンツ提供を発表

今回新たに追加が決定したチャンネルプラス:
●    「EXILE  TRIBE」(協力:株式会社LDH) ※本日開設
●    「ぐるなび」(提供元:株式会社ぐるなび)
●    「時事通信」(提供元:株式会社時事通信社):12月2日開設
●    「ダイヤモンド・オンライン」(提供元:株式会社ダイヤモンド社)
●    「テレ朝news」(提供元:株式会社テレビ朝日/ANN):12月2日開設
●    「日テレNEWS24」(提供元:日本テレビ放送網株式会社)
●    「HARAJUKU」(協力:ASOBISYSTEM) :12月下旬開設

今回新たに発表する、期間限定で提供する特集チャンネル:
●    クリスマス特集」:12月2日開設
●    「第91回箱根駅伝特集」(協力:読売新聞、報知新聞、日本テレビ):12月下旬開設
●    「東京マラソン2015特集」(協力:東京マラソン財団):2015年2月中旬開設

■ 本件に関するお問い合わせ先
スマートニュース株式会社 広報担当 info@smartnews.com

■ スマートニュース株式会社について
スマートニュース株式会社は、「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことをミッションとし、2012年6月15日に設立された企業です(創業時社名:株式会社ゴクロ)。独自開発のウェブ解析技術を基盤に、国内ニュースアプリ利用者数ナンバーワン*のスマートフォン・タブレット向けニュースアプリ「SmartNews」を運用する当社は、同アプリを軸に多くのメディア各社との事業提携を行っています。
*Nielsen Mobile NetView 2014年9月 スマートフォンでのアプリ利用状況ランキング Nielsen規定「総合ニュース」カテゴリ

スマートニュース株式会社
http://www.smartnews.com/